上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3日目の朝、鴨の湯善根宿に同宿のお遍路さんが早く目を覚ます。
時計を見ると3時。いや、それ早過ぎでしょ。

もう少し寝ようと思って至福の二度寝を試みるも
「お~い兄ちゃん。はよ出んと暑くて上がれんようなるで~」


はい、もっともです。ありがとうございます。


firsthenro014.jpg

11番藤井寺さんの本堂横が、焼山寺道の入口。

「早足 : 5時間、並足 : 6時間、緩足 : 8時間」と書いてある。

事前情報では、道中に給水・給食ポイントが無いと聞いている。
ここを出ると、前を向いて進むしかない…

ユーコン川下りのプチプチ陸上版、と心に言い聞かせて、いざスタート。
(川下りじゃないんで、不調時は戻ることはできますが)

firsthenro015.jpg

スタートして1/6(6分の1)の遍路ころがしと称される坂を上がると、視界が開けた。
吉野川と、阿讃山脈の山並みが見える。


「四国遍路してるんだ」
発心から出発まで5年間かかったことを考えると、まだまだ今の自分が信じ難い。
この先全て回れる/回れない、どちらにしてもこの時の気持ちを忘れないようにしよう。
そう心に書き留めた。


firsthenro016.jpg

3/6(6分の3)、いわゆる中間地点。そこにあるのが番外霊場・柳水庵。
ちょっと前までは堂守さんが居て、参籠(寺に泊まること)できたそうだが、今は無住。
これにより、焼山寺道は1日で全て歩かないといけなくなった、とガイドブックで読んだことがある。


firsthenro017.jpg

4/6(6分の4)地点、一本杉庵。
門柱を見ると昭和7年の建立だそうだが、どうやって運んだ? 建てた??


firsthenro018.jpg

時間はかかったものの、12番焼山寺に無事到着。
四国遍路最大の遍路ころがしは、なかなかのものでした。


firsthenro019.jpg

山門前の三脚
帰ってから見た"ロード88"(遍路が題材の映画のタイトル)本編でここのシーンが出てくるのです。
映画の撮影用でしょうか。村川絵梨ちゃんが近くにいたのかな? ウワァーン


四国最大の遍路ころがしを越えても、人はすぐに変われるものではないようです。


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


参拝、下山して大きな駐車場があり、観光バスが数台停まっていた。
大きなバスが入れるのはここまでで、地元手配の小さなバスかタクシーに乗り換えて
12番焼山寺に向かうのだろう。


「お遍路さ~ん」

地元の奥さん(?)に声をかけて頂き、焼きおにぎりのお接待を頂いた。
持ち運んで宿地で食べたが、とても美味しかった。

神山温泉まで歩き、入浴。付近で野宿したが、夜空に輝く星がとても印象的だった。
関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks


    最新記事

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。