上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4thsoya048.jpg

エンジン無事にかかりました。平成25年初走りと行きましょう。


その前に、お約束の最北端ガソリンスタンドで給油。
何が起こるかわからない雪道では、こまめな給油が肝心。
僻地、年末年始と来れば尚更。

くろまるの場合、前日に稚内で給油しているので
1~2リットルしか入らない… 単価の悪い客ですこと。感謝。


本日の最大目標は網走。
295kmですって。広島から博多くらいかな。
いつもながら、少々無茶な行動計画です。


4thsoya049.jpg

初日の出だ!!
宗谷岬では見れなかったものの、出発してほどなく拝むことができました^^

冬の道北の天候は宗谷岬を境に、

日本海側は荒天、オホーツク海側は好天

ということはよくある。その法則で行くと好天が期待でき、網走なんてヨユー


4thsoya050.jpg

そうは問屋が下ろさない


4thsoya051.jpg

容赦なく吹き付ける風。
バイクは原因不明のノッキングを起こし始める。
それはさながらガス欠になる時のような現象。

(バイクを停めると)エンジンが止まる…
そんな不安が脳裏をよぎり休憩するのがおそろしい、異常な感覚。

難しいスロットル操作に苦戦しながら、ノンストップで南下を続ける。


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆


4thsoya052.jpg

冬の道北の天候は宗谷岬を境に、
日本海側は荒天、オホーツク海側は好天


ほーらね^^
と言えたのは、もう紋別が近くなった頃。
青空が広がり積雪は減った。しかし風はそれなりに吹いている。


マシンの不調は収まった。
しかし、バイクを真っ直ぐ走らせるのに労力・集中力を要します。
この景色はなかなか見れるものではないので、嬉しさも多分。


4thsoya053.jpg

紋別名物、カニのツメ
"オホーツク海のシンボル"と言っても過言ではない。


4thsoya054.jpg

横を流れる川が結氷している。
これだけ天気が良いと、放射冷却で朝は寒いでしょうな。


4thsoya055.jpg

能取湖(Notoroko)が夕焼けに染まって、明日も好天の予感^^
遠く向こうに風格のある山が。斜里岳(Syaridake)でしょうか。

休み少なく好ペースで走れたことで、明るい時間に網走まで来れましたw


無事走り終えたところで、ネットでマシンの不調を検索。


ノッキングはプラグかぶり
→気温が低く燃料の不完全燃焼が発生、プラグ電極に燃料が付着して燃焼効率低下

スロットル開閉が上手くいかないのはアイシング
→タンク内に発生した水分が燃料噴霧時に凍って、機関が凍り付く


後者が発生して前者を併発、という感じでしょうな。

タンク内の水分が凍ってアイシング現象が発生することは想定の範囲。
これまで給油時に水抜き剤を少し投入して対策としていたが、
どうやらその量が足らなかくて、想定を越えた様子。

想定を越える自然条件に立ち向かう、4th atack;∀;


ホームセンターで水抜き剤を買い足して、多めに入れることにした。
(続く)
関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks


    最新記事

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。