上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雪があってキャンプができるところ


世の全人口の1%にも満たないこのニーズ。応えてくれるフィールドを探すことは難しい。
平地のキャンプ場は雪が無いし、山間部のキャンプ場は未除雪で行くことができない。

そんな中で貴重な存在"広島県民の森"さん
夏場はキャンプ/冬場はスキー場を営業しているので、立地/アクセス道路の除雪は抜群。
ロッジがあるのでもしかの場合避難可能。岡山/広島からの便も良い。
(くれぐれも冬場はスタッドレスorチェーン携行で)


そんな夢の国が、今年初合宿の舞台となりました。


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


問い合わせの際「冬は特に料金は頂いていませんが、受付はして下さい」
出向いて受付を済ませて「ではあの辺りでどこでも」と案内頂いたテン場こちら↓


hkenmin002.jpg

hkenmin003.jpg

平成の今、墾田永年私財法があって欲しかった。


--2時間後--


hkenmin004.jpg

整地完了。テント設営して、これから楽しい夜が始まる。


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


hkenmin005.jpg

標高500mの山中で牡蠣パーリー
(湿気水分の多い雪で薪が濡れて、点火するのに非常に苦労した)


hkenmin006.jpg

むさぼり喰らう変態達
周辺に貝塚が掘出していないことから、
当地で焼き牡蠣を調理して食べたのは地球の歴史上初めてではないだろうかw


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


hkenmin007.jpg

おしゃれにスノーキャンドルなんぞ作ってみた。100均万歳
でも、15個105円はイカン。芯が弱すぎる。
せめて8個105円くらいのものにしようと、反省。


適度に雪が降り、牡蠣がとても美味しく、
寒いせいか飲んでも全然酔わない不思議なキャンプ。


人生に栄養を与える時間は、穏やかに流れていった。
(続く)
関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks


    最新記事

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。