上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

朝目が覚めると、辺りの石ころが濡れていた。晩のうちに雨が降ったようだ。
焚き火は完全に沈下していた。


shimantogawa016.jpg

口屋内沈下橋をくぐってスタート


shimantogawa017.jpg

橋を潜ったところで口屋内の集落と、黒尊川(Kuroson-gawa)の流れ込みが見える。
この黒尊川がまた良いらしい。琵琶湖や熊野川、その他諸々の川でも言えることだが、

支流や流入河川にこそ妙味あり。

川で泳いだり魚捕ったりすると、よくわかる。四万十/黒尊も例外ではないのだろう。


ただ、リバーツーリングとして下る場合は本流が良いと思っている。
支流は浅い箇所が多く底を擦ったり、流れが急な上に川幅が狭く操舵しにくい面が多々ある。


これはくろまるの指向と実力不足ということかもしれない。


shimantogawa018.jpg

口屋内の赤鉄橋

前述の通り、沈下橋が落ちてしまったので現在の生活橋はこちら。


shimantogawa019.jpg

勝間の沈下橋


shimantogawa020.jpg

この橋は橋脚が3本足になっている(口屋内は土塁)


shimantogawa021.jpg

橋脚には流木が引っかかっていた^^;


shimantogawa022.jpg

かわらっこ村の岸が見えてきた。間もなくこの日のゴール

実はこの日の天気は雨。と言っても降り続けではなく、にわか雨→曇りの繰り返し。
(この時期)カヌーを漕いでいる時は雨降りでも良いが、上がった時は晴れて欲しいな。


そんな願いも虚しく、この後雨が激しくなりました。


車を取りに行って、そこにフネと道具一式を3往復で運んで、
それらを片っ端から車に積み込む。濡れていることなんてお構いなし。


カヌーを始めてからと言うもの、全日晴れたことが1度も無い。
オカでは自称晴れ男なのに。


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


昨今、川と人との間には大きな隔たりができてしまいました。


良い子は川で遊ばない


川の恐ろしい面ばかりが強調され、人々は川から遠ざけられた。
川には徹底的に護岸工事が入り、更に遠い存在となっていった。


ここ四万十川の流域では、川が人々の生活にとけ込んでいる。

それは便利や楽チンとはほど遠い生活。観光地のように良い面ばかりではない。


だからこそ残された自然の原風景。
四万十川が 最後の清流 と呼ばれる所以ではないだろうか。



カヌーと言う川から最も近いところに身を置いて、それを少し感じることができた。


shimantogawa023.jpg

帰り道は更に大雨、雷まで

カヌー中にここまでのことにならなくて良かったかな~
と思いつつ帰宅の途についた。



関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks


    最新記事

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。