上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夜が明けた。


ishiduchi047.jpg

昨日以上に良い天気の予感。朝の神事を控え、社の前に集合。


その前に、御来光に期待して東の空を眺める。


ishiduchi048.jpg

太陽が上がる場所を中心に、徐々に空が赤く染まっていく。


ishiduchi049.jpg

ん~もうちょっと


ishiduchi050.jpg

天狗峰は、太陽の光線を一身に受け赤く染まっている。


ishiduchi051.jpg

上った!!
素晴らしい御来光です。


ishiduchi060.jpg

朝早く(夜中のうちから?)登拝してきた人達が続々現れ、山上の朝とは思えない賑わい。


朝の神事、朝食を取り、下山開始。


ishiduchi053.jpg

道後の平野と松山の市街地が見える。


ishiduchi054.jpg

この山の峰には、ポツンと一軒家が見える。

調べてみたら、この家屋はかつて存在した「石鎚村」の住民の末裔だという。

この麓(谷間)の集落は石鎚山の登山基地として栄え、旅籠が軒を連ねていた。

しかし、ロープウェイが開通してからは人の流れがすっかり変わってしまい
(宿泊する必要がなくなって)村はすっかり寂れて、廃村の道をたどった。


これは四国八十八ヶ所の門前街や、
かつての幹線国道でよく見られる廃業した商店・宿泊施設の事情とよく似ている。


本四間には連絡橋が架かって、確かに便利になった。
石鎚山にしろ四国八十八ヶ所にしろ、より多くの人達が体験できるようになった。

しかし、それは"手軽"になってしまった=神格が下がってしまったということでもある。


それによって観光地と化して、リピート率が低下した。
(巡礼は時期が来たら必ず行くものだが、観光は"一度行ったらもう行かない"が圧倒的に多い)


昔は寺社参拝が旅行の主力だったこと、今はレジャー多様化の時代


四国にはあまり良い風は吹いていませんね…。


ishiduchi055.jpg

振り返ると石鎚山の山容がよく見える。


ishiduchi056.jpg

下りるのは本当に早い。今朝までそこに居たとは思えないほど。
それにしても、素晴らしいお天気。


ishiduchi057.jpg

成就社の近くの遙拝所(山に上がれない人が参拝して同等のご利益を授かる場所)は、
昨日にも増して多くの登拝者達がお参りしている。


ishiduchi058.jpg

木々の間からは、お山が少し顔を出していた。


そして程なく成就社到着。2日間に渡る、お山開きの登拝が終わった。


自然の中に身を置いてみると、今まで見えなかったもの、自身が少し見えた気がする。


お山登りは楽ではないけれど、また来たい。


山は神様、そこに来ることは巡礼だと思っているから…。


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


ishiduchi059.jpg

え~
昨日ですね、頂上社(山荘)の前で御神酒解禁とか言って一杯やった後。
砂利に足を取られて転んでしまいました。


下りる時、ヒジとヒザがとても痛かった^^;


お山登りと関係ないところで、思い出を作ってしまった。



関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks


    最新記事

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。