上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

霊峰・石鎚山の頂(itadaki)を目指して登山開始


ishiduchi006.jpg

きました鎖場

西日本一とも謳われる急峻な岩壁を持つ石鎚山。
行者達は敢えてこの険しい道を選ぶことで、自らを高めていった。


この鎖を握ることで心は(mu)となり、一つのことに集中する力が高まる。

昨今の、あれもこれもそれもどれもの欲張りな世の中とは対照的な世界が、ここにはある。


ishiduchi008.jpg

実際のところ、登っている時は鎖しか目に入らない。
故にそれほど恐怖は無い。


ishiduchi007.jpg

本当の恐怖は立ち止まった時、下を見た時。

この一瞬は、心底恐怖を感じる。


ishiduchi009.jpg

鎖場を上がった所に神降臨


ishiduchi010.jpg

どちら様かと思ったら、天狗さん

先生によると、石鎚山は麓から三十六の天狗が祀られていて、
それらに手を合わせることでご利益を授かり、無事を感謝しながら登るものだと。


手を合わせる対象が違うだけで、四国遍路の精神と同じである。


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


この鎖は"試しの鎖"と呼ばれ、石鎚山に4つ存在する鎖場の1つ。
試し=体験と思ったら大間違い。4つの中で最長、登り/下りの複合コース。最も厳しい。


神社の解釈では「この鎖を行くことができれば、他の鎖は大丈夫」


試しの

じゃなくて

試される


鎖なんですね。下りてから知ったけど。


ちなみに、いずれの鎖場も巻き道(別ルート)があり、鎖の回避は可能。
万人が実力に応じた修業ができる、それが石鎚山なのです。


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


ishiduchi011.jpg

茶店で一服


古来より石鎚では、あめゆが有名らしい。


ishiduchi012.jpg

石鎚登拝者のならわしとして、


下りの方は上りの方に「おのぼりさん or おのぼりさんで」
上りの方は下りの方に「おくだりさん or おくだりさんで」

と声をかけながら進みます。


「こんにちは」や「お疲れ様」「もうちょっと」
通常の登山で掛け合う言葉が、ここでは聞かれない。


登拝者がお互いを尊重する独自の声掛けが、この神域には息づいている。


ishiduchi014.jpg

一の鎖


試しの鎖で"試された"くろまるだったが、もう一つ行ってみることにした。


ishiduchi016.jpg

ここは登り/下りの複合コースではなく、見えているところが(鎖の)頂上。


ishiduchi015.jpg

足をかける場所が多く、登りやすい鎖場だった。


ishiduchi017.jpg

夜明峠(Yoakashi-toge)

それまでガス(霧)が立ち込めていたが、この辺りから視界が開け始めた。


ishiduchi019.jpg

土小屋ルートとの合流点(二の鎖手前)まで来たところで、
前を行く人達が振り返り、歓喜の声が上がった。



続く
関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks


    最新記事

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。