上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仙台~山形って、高速バスがとても便利。
そもそも高速バスって程の距離(60km)・時間(1h)でも無い上、
乗ることさえできれば必ず座れる(定員制)
何よりその運行頻度、時間帯によっては5分間隔!

マリンライナー(岡山~高松間の列車)は30分間隔なので、負けているじゃないか。


山形は仙台のベッドタウンなのかな?


kitayamagatast001.jpg

その便利さを知っていながらも、くろまるは敢えて列車に乗る。

仙山線普通列車。山越えに長大トンネル、途中に名刹「山寺」があり、
旅情では断然こちらに軍配が上がる。

やはり「速い(早い)」「便利」な物の代償は「旅情」だと実感する。


kitayamagatast002.jpg

北山形駅


ブラボーな宿の隠れた最寄り駅(だと思う)
ここから歩いてその宿にインした人は稀少だと思うが、どうでしょう。


kitayamagatast003.jpg

ここは山形県内各方面への分岐駅


kitayamagatast004.jpg

左沢線(Aterazawasen)はここから分かれて行く。


ikenotanist001.jpg

四国で言うと、池谷駅のような配置。


kitayamagatast005.jpg

池谷とは違ってここは新幹線が走る。上りの"つばさ号"が通過して行った。


kitayamagatast006.jpg

新幹線が在来線を走るこの区間、軌間(線路の幅)に若干の違いがある。


バスは乗った/下りたで景色が違うだけだが、列車に乗ると大小発見がある。
くろまるとしては、山形~仙台の移動は電車推し。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks


    最新記事

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。