上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仕事を終えて家に帰るのに、たまには違う道を通ってみようかな?
その道すがらで偶然発見。


mizu001.jpg

天然水!?この水無県(別名 : 高松砂漠)で、湧水

辺りは山地ではなく住宅街or田んぼですよ。
疑わしいながらも、そんなのあったら嬉しいな~


期待しつつ、看板を追尾。


mizu002.jpg

あった。本当にあったよ。


mizu003.jpg

チョロチョロ流れ出している水を汲むのではなく、
蛇口をひねると井戸の電源が入り、水を汲み上げる方式。


mizu004.jpg

西方の山からの恵みで…(略)

山と言っても丘ですぜ。
このような水が湧き出ていることは、大凡想像できない。


でも、ここへは導かれた気がした。仏縁に感謝。


mizu006.jpg

成分分析表があったが、個人情報などの表記があったので割愛。

説明文には「かの有名な日田天領水よりミネラルバランスが良い」とある。
期待できそう。住み慣れた場所のはずが、新たな発見があった。


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆


後日、車に4リットルペット(安い焼酎の残骸とも言う)を積んで、この水を汲みに行った。


天然水には良い思い出がありまして、10年くらい前でしょうか。

奈良県天川村洞川温泉。
かの有名な"ごろごろ水"を汲んで持ち帰り、
フツーの米を、フツーの炊飯器を用いて、ごろごろ水で米を炊いた。


ごはんが炊けて炊飯器を開けた瞬間の香り、艶めく米。もちろんめちゃウマ。

同じ水で麦茶やみそ汁も作ってみたけど、やはり味が違った。


この瞬間が忘れられなくて、天然水が湧いていると容器を持参して水を汲んでしまうわけです。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks


    最新記事

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。