上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

koayu001.jpg

近所の○ナカで売られていたコアユが半額になっていた。


<少しお勉強>
全国的には"稚アユ(chiayu)"と呼ぶのがメジャー
琵琶湖では稚アユの事をコアユと呼ぶ。

アユ自体は全国多くの河口で見ることができるが、圧倒的産地は琵琶湖
琵琶湖ではこのサイズまでしか育たないが、
移送して他の河川に放流すると、立派なアユに成長する。


"琵琶湖のアユと近江商人は、余所へ行って成長する"

近江商人の多くは京に出て成功したことから、よく出てくる例え話。


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆


今回は食用目的の購入ではない。


アユはウナギ釣りのエサとして、特効薬なのだ。
何とも贅沢な話だが、くろまるの仲間内ではそれを厭わない。

それだけウナギのファイト(釣り味)とイート(食べ味)は、右に出る物がいない。


koayu002.jpg

ラップを広げて


koayu003.jpg

包む。冷凍しておいて、来るウナギナイトへ備えた。


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆


koayu004.jpg

関西居た頃は、よく琵琶湖まで釣りに行ったものです。
バイク(CD125T)で、竿とクーラーボックスをキャリアに積んで…


koayu005.jpg

川原にキャンプして、誰よりも先に釣り場インww


コアユは二十代前半くろまるの青春だった。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks


    最新記事

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。