上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

魚が好き。
スーパーに行くと、必ず鮮魚コーナーをチェックする。


今が旬の魚、香川県には居ない南方系の魚、名前を偽って販売されている魚…


魚が見れるのは、水族館だけじゃない。スーパーマーケット万歳


今回は香川県としても、今の時期としても珍しい、北方系のこんな魚が売りに出ていた。


hatahata01.jpg

ハタハタ

秋田県民に特に馴染みの深い魚。
普段はやや深い海で暮らしているが、晩秋~冬に産卵のため接岸するので、
この時期には漁が盛んに行われる。秋田の人にとって、ハタハタ無しでは正月が来ないらしい。
ガムをフニャンフニャン噛んでいる彼女も、ハタハタに関しては一家言あると想像する。

秋田の郷土料理"しょっつる鍋"は、
ハタハタと、ハタハタを原料に作られた魚醤で味付けされた鍋である。


hatahata02.jpg

今回は吸い物で食べることにした。

水…600ml


軽く洗って、水から煮る。


hatahata03.jpg

沸騰したら、

清酒…大さじ1
醤油…大さじ2
豆腐…3/4丁


これらを加える。

本来はしょっつる(ハタハタ原料の魚醤)があればそれらしくなるのだが、
我が家には無いので、山形のマルジュウ醤油を使用。


余談ながら、このマルジュウ醤油、我が家のマストアイテム。
山形に行った際は、必ずおみやげに購入します。

塩辛くなく、良いダシがとても効いてる素敵な調味料。


hatahata04.jpg

沸騰したら火を止めて刻んだネギを薬味に、いただきまーす


ハタハタの身は同じ北方系のタラと同じ、骨からポロッと取れて食べ易い。
でも、小骨が多いので小皿を別に用意


hatahata05.jpg

この骨で、パックの半分くらいの量
急いでいる時は骨を喉に詰めたらいけないので、インスタント味噌汁にしましょう。


この時期にこの場所に居ない魚が食べれるとは思わなかった。とても幸せ。
残りは明日、時間に余裕を持った大人のbreakfastで頂くことにしよう。
スポンサーサイト



最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。